組織委員会事務局のご紹介
ホーム ロシア文化フェスティバル in JAPAN 開催プログラム 応援メッセージ リポート 組織委員会/事務局のご紹介 過去のフェスティバル ブログ
ロシア文化フェスティバル ロシア組織委員会名簿

M・E・シュヴィトコイ
(ロシア連邦大統領文化特別代理、ロシア組織委員会委員長)

I ・V・ロマネンコ
(ロ日協会会長、ロシア組織委員会副委員長)

V・I・ベススドノフ
(ロ日協会副会長、企業グループ «INARTEX»社長)

V・V・グリゴリエフ
(ロシア連邦出版・マスコミ庁副長官)

A・V・ジュラヴスキー
(ロシア連邦国務長官・文化省副大臣)

E・V・ザパシュヌイ
(ボリショイモスクワ国立サーカス支配人)

A・A・ズラトポリスキー
(全ロシア国立テレビラジオ会社第一副支配人)

М・B・コバヒゼ
(非営利団体「産業テレビ賞」総支配人)

M・D・ロシャク
(プーシキン美術館館長)

А・V・マルィシェフ
(ロシア連邦文化省芸術・民族芸術国家支援局局長)

V・S・マルィシェフ
(S・A・ゲラシモフ記念全ロシア国立映画大学学長)

G・V・マヤロフスカヤ
(グネーシン記念ロシア音楽アカデミー学長)

E・V・メチェーチナ
(各種国際コンクール優勝者、ピアニスト)

I・V・モルグロフ
(ロシア連邦外務次官)

M・Yu・ニクーリン
(ソヴェトヌイ並木通りモスクワ・ニクーリンサーカス総支配人)

A・N・パノフ
(ロシア連邦外務副大臣(1994-1996)、 駐日ロシア大使(1996-2003)、 モスクワ国立国際関係大学教授)

A・A・ペルミャコヴァ
(M・E・ピャトニツキー記念国立アカデミーロシア民族合唱団芸術監督)

M・B・ピオトロフスキー
(国立エルミタージュ美術館館長)

A・V・ラジコフ
(ロシア連邦協力庁副長官)

V・V・レーピン
(トランスシベリア芸術祭芸術監督)

V・А・サドーヴニチイ
(モスクワ国立大学学長)

P・N・ステパノフ
(セントラル・パートナーシップ映画社社長)

V・I・トルストイ
(ロシア連邦大統領顧問)

Z・I・トレグロヴァ
(国立トレチャコフ美術館館長)

V・G・ウーリン
(ボリショイ劇場総支配人)

V・V・フォーキン
(ロシア国立アカデミードラマ劇場(アレクサンドリンスキー劇場)芸術監督)

К・G・シャフナザーロフ
(映画監督、映画コンツェルン・モスフィルム社長)

ロシア文化フェスティバル 日本組織委員会名簿

高村  正彦(日ロ友好議員連盟会長、元外務大臣、衆議院議員=日本組織委員会委員長)

栗原  小巻(俳優=日本組織委員会副委員長)

長谷川  智恵子(日動画廊取締役副社長=日本組織委員会副委員長)

稲川  素子 (稲川素子事務所社長・社団法人国際知識普及協会代表理事=日本組織委員会副委員長)

長塚 英雄(ロシアンアーツ代表取締役=日本組織委員会事務局長)

朝妻  幸雄(NPO 日ロ交流協会副会長)

池辺  晋一郎(作曲家、日本作曲家協議会元会長)

石田  一志(音楽評論家)

植田  紳爾(公益社団法人 日本演劇協会会長)

薄井  憲二(日本バレエ協会会長)

江藤  幸作(NPO法人日ロ創幸会代表理事)

遠藤  寿一(一般社団法人 ロシアNIS貿易会顧問、ロシアNIS経済研究所長)

遠藤  利男(一般社団法人 日本映画TVプロデューサー協会顧問)

金山  茂人(日本・ロシア音楽家協会会長、公・社・日本演奏連盟専務理事)

川端  香男里(東京大学名誉教授)

坂井  音重(能楽師、白翔會主宰)

杉山  保(創価学会副会長)

千  玄室(茶道裏千家第15代家元、ユネスコ親善大使)

田沼  武能(日本写真著作権協会会長)

土屋  津以子(NPO法人 日本ロシア協会副会長)

常田  照雄(毎日新聞グループホールディングス専務取締役)

中江  利忠(朝日新聞元社長)

中村 喜和(一橋大学名誉教授)
伏田 昌義(国際親善センター副会長)
藤沼 敦子(NPO法人ヘラルドの会常任相談役)
古橋 富士雄(日本合唱指揮者協会常任相談役、NHK東京児童合唱団名誉指揮者)
松澤 建(民間外交推進協会理事長)
松前 達郎(日本対外文化協会会長)
森 敏光(在ハバロフスク日本総領事(元))
山崎 芳人(キョードー東京代表取締役社長)
吉田 進(公益社団法人 環日本海経済研究所名誉研究員・元理事長)
▲トップへ戻る

ロシア文化フェスティバル友の会について

フェスティバル及びプログラムについてのお問合せは、

ロシア文化フェスティバル日本組織委員会事務局

事務局常駐事務所
〒160-0022
東京都新宿区新宿6-7-1エルプリメント新宿506

E-MAIL russian-culture@view.ocn.ne.jp

TEL:03-5919-1051 FAX:03-3355-8901
営業時間:午前10時〜午後5時
ロシア文化フェスティバル 友の会について

ロシア文化フェスティバル・ロゴマーク使用要綱

——著作権、商標登録について——

本ロゴマークは、ロシア文化フェスティバルIN JAPANをアピールするために制定したものです。この使用要綱は、本事業の推進に寄与するためロゴマークが適正なルールで使用していただくために定めました。公序良俗に反する組織・個人は対象外です。
ロゴマークの使用にあたっては、必ず当ロシア文化フェスティバル日本組織委員会へ申請手続きをお願いします。

1.使用基準について

ロゴマークに関する一切の権限は本委員会に属しており、デザイナーとの著作権契約、商標法に基づく所要の届け出を済ませておりますので、使用者がロゴマークを自己のものとして使用することはできません。
ロゴマークの使用は、フェスティバル参加プログラムの品質等を保証するものではありませんが、使用にあたっては本事業の趣旨にそって水準の高い催しを提供できるように努めてください。
行事・興行については、各種法律に基づき、使用者=主催者がすべて責任を負うものとします。
ロゴマークを使用する際は、基本デザインにそって使用してください。とくに、両国の国旗の色について印刷段階で白地を黒地にミスする例がありますのでご注意ください。
次の場合は、ロゴマークを使用することができません。
本会の信用または品位を害すると認められた場合。
公序良俗に反するおそれがあると認められた場合。
その他社会的な非難を受ける恐れがあると認められた場合。
使用要綱に反すると認められた場合

2.使用料について

ロシア文化フェスティバル正式プログラムに承認されている場合は無料です。
このフェスティバルのプログラムに関連して、ロゴマーク入りグッズなどを販売する場合は、小売価格に使用料率2%および製作個数を乗じて算出した額とします。

3.使用手続きについて

ロゴマークを使用する場合は、申請書を提出してください。企画概要と申請する旨を明記すれば、書式は問いません。
申請書が到着次第、2週間いないに確認書を通知します。
毎年フェスティバル・プログラムは違いますので、更新が必要です。ロゴマークのなかの年度も変わります。
承認を受けた場合でも、その後に、虚偽の申請、承認の条件に違反等、使用要綱に反していることが発覚した場合には、ただちにその是正を命じるか、承認の取り消しをします。
ロゴマーク使用にあたり、データはホームページからとるか、CD-ROMで渡します。

4.問い合わせ・届け出先
ロシア文化フェスティバル日本組織委員会
〒160-0022新宿区新宿6-7-1-506
E-MAIL:russian-culture@view.ocn.ne.jp
電話:03-5919-1051 FAX:03-3355-8901

ロシアン・アーツ
〒160-0022新宿区新宿6-7-1-506
E-MAIL:russian-arts@e-mail.jp
電話:03-5919-1051
http://www.russian-arts.co.jp/
▲トップへ戻る
copyright (C) 2012 RUSSIAN FESTIVAL. ALL Rights Reserved.