リポート
ホーム ロシア文化フェスティバル  in JAPAN 開催プログラム 応援メッセージ リポート 組織委員会/事務局のご紹介 過去のフェスティバル ブログ

■2018年4月14日■

「プーシキン美術館展―旅するフランス風景画」朝日新聞主催で開催
17~20世紀フランス絵画の風景画65点展示
初来日のモネ「草上の昼食」はじめルノワール、セザンヌ、ルソーらが勢揃い
内覧会でマリーナ・ロシャク館長、俳優・水谷豊、ガルージン駐日ロシア連邦大使らが挨拶・トーク

 4月14日から東京都美術館でプーシキン美術館展が開催されました。7月8日まで。それに先立ち、4月13日午後4時からマスコミ内覧会、午後6時30分から特別内覧会が行われ、マリーナ・ロシャク・プーシキン美術館長、俳優の水谷豊さん(音声ガイド)らが挨拶しました。
 東京・上野公園内の東京都美術館に展示された65点のフランス絵画は、初来日となるクロード・モネの「草上の昼食」(1866年)とよく知られる「白い睡蓮」(1899年)、アンリ・ルソーの「馬を襲うジャガー」(1910年)、ポール・セザンヌ「サント=ヴィクトワール山の平野、ヴァルクロからの眺め」(1882-85)ほか、クロード・ロラン、ギュスターヴ・クールベ、ジャン・ルノワール、ポール・ゴーガン、アルベール・マルケ、アンドレ・ドランらの美しい風景画が勢ぞろいして心が洗われます。(撮影=丸山英樹)
ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル
ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル
■2018年3月31日■

ロシアサーカス誕生145周年・来日公演60周を年記念し
モスクワ・ニクーリンサーカス代表団歓迎パーティー開く
M・ニクーリン、栗原小巻副委員長、原田親仁駐露日本国大使(前)、藤間蘭黄ら挨拶

 3月31日午後6時より、東京・日比谷松本楼において、ロシアサーカス誕生145周年・ソユーズゴスツィルク=モスクワ国立ボリショイサーカス(日本興行名)来日60周年を記念して、モスクワ・ニクーリンサーカス代表団歓迎パーティが、ロシア文化フェスティバル日本組織委員会&ロシアン・アーツ主催で開かれました。
 主催者を代表して栗原小巻・組織委員会副委員長、来賓を代表して原田親仁・日露関係担当外務省参与(前駐露日本国大使)がロシアサーカスの伝統と芸術性についてお祝いの挨拶を述べました。マクシム・ニクーリン=ニクーリンサーカス総支配人は、日露文化交流におけるサーカス芸術の意義を評価し、公演成功を祈念しました。ロシアにおける日本年イベントして、「信長」ロシア公演を準備している藤間蘭黄・日本舞踊家の発声で乾杯しました。
 また、冒頭、モスクワスケートサーカス(氷上サーカス)の今夏日本公演をニクーリンサーカスとロシアンアーツが契約し、全国33回公演を予定していることを発表しました。
ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル
■2018年3月17日■

ソクーロフ特集2018 権力の4部作+傑作選 イメージフォーラムで上映
「モレク神」「牡牛坐 レーニンの肖像」「太陽」「ファウスト」ら14本

 3月17日から4月13日まで東京・シアターイメージフォーラムで「ソクーロフを発見する」と題して、ソクーロフ特集2018映画祭がおこなわれました。アレクサンドル・ソクーロフ監督の人気の作品「エルミタージュ幻想」「ファウスト」ら14本が一挙に上映され好評を博しました。
ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル
■2018年3月10日■

愛知県犬山市のリトルワールドでロシアサーカス上演
舞台に「ロシア年」「ロシア文化フェスティバル」のロゴマークを掲げて
空中ブランコ、アクロバットやマジックに歓声!

 愛知県犬山市の野外民族博物館リトルワールドの野外ホールで、3月10日より「ロシアサーカス」が開幕しました。ロシアサーカスのメンバーは、空中ブランコ5名、チェアバランスアクロバット2名、エアリアルティシュー1名、ラダーアクロバット1名、コメディマジックとジャグリングのデュオが2名、合計11名で構成されていて、レベルの高いロシア人のサーカスアーティストが登場するというだけでなく、ショウの演出としてドゥナエフスキーの「オープニング・マーチ」や「ポーリュシカポーレ」、「ダローガイ・ドゥリンナユ」などのロシアの古くから知られている曲を使用し、ロシア色を前面に出したショウになりました。コメディとハイレベルのサーカス演目の組み合わせは、お客さんやスタッフからも評判が良く、サーカス公演は無料(入館料のみ)で気軽に見られるイベントでありながら、途中で退席する人はほとんど見られません。
 また、野外ホールの背景幕には「ロシアにおける日本年・日本におけるロシア年2018」と「ロシア文化フェスティバル」のロゴが取り付けられ、袖幕にはモスクワ赤の広場のワシーリー教会の絵が描かれていて、よりロシアを身近に感じられるステージ装飾になっています。最終日の6月17日(日)までに、数万人の来場者がサーカスを見に来る予定です。
ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル
■2018年3月3日■

ロシアン・カルト映画祭 新宿K“S cinemaで上映
SF、妖怪、怪奇現象、陰謀、謎の美女・・・カルト映画ファン集結!

 3月3日から16日まで東京・新宿K”S cinemaでロシアン・カルト映画祭がおこなわれ、「アエリータ」「火を噴く惑星」「不思議惑星キン・ザ・ザ」「UFO少年アブドラジャン」など10本が上映されました。会場にはカルト映画ファンが終結し楽しんでいました。
ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル
■2018年2月15日■

チャンネル「銀河」放映『エカテリーナ』試写会&パーティー催す
最強の女帝エカテリーナについてゲスト・池田理代子さんトーク
D・ビリチェフスキーロシア連邦大使館臨時代理大使が挨拶

 2月15日午後6時30分から駐日ロシア連邦大使館(付属学校講堂と大使館レセプションホール)において、『エカテリーナ』の第一話の試写会と劇画家・声楽家の池田理代子さんのトークショー、ロシア料理のレセプションが行われました。ロシアの第1チャンネルで放送され人気を博したテレビドラマで、全22話で完結します。レセプションでは、ドミトリー・ビリチェフスキー駐日ロシア連邦臨時代理大使、寺嶋博礼・銀河代表取締役が挨拶しました。(写真提供=チャンネル銀河)
ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル ロシア文化フェスティバル
▲トップへ戻る
copyright (C) RUSSIAN FESTIVAL. ALL Rights Reserved.